2016年7月7日木曜日

【新製品】マランツ 薄型AVアンプ NR1607 発売

高さ10.5cmの薄型AVアンプ。
マランツの新製品がもうすぐ発売予定です。

オブジェクトオーディオは、前モデル「NR1606」に引き続いてドルビーアトモスに対応。
DTS:Xについてもファームウェアアップデートで対応する(対応時期は決定し次第アナウンス)。

「5.1.2」ch構成による5通りのトップスピーカー配置
(フロントハイト、トップフロント、トップミドル、フロントイネーブルド、サラウンドイネーブルド)が
可能。

Wi-FiおよびBluetoothを内蔵。
Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)は新たに2.4GHz/5GHzのデュアルバンド対応。
Bluetoothにより、スマートフォンなどの音源をワイヤレスでAVアンプから再生することも可能。
その際は楽曲名やアーティスト名をディスプレイに表示でき、AVアンプのリモコンからBluetooth機器の再生操作を行うこともできる。

また、2.2chプリアウトを搭載。
サブウーファーに加えてフロント2chもプリアウトできるので、
フロントスピーカーだけ外部のピュアオーディオ用パワーアンプで駆動して音質を強化する
といった使い方もできる。

テレビラックに収めたい方へぜひ


2016年6月7日火曜日

【大好評販売中!】 LUXMAN DA-150 USB D/A コンバーター

2016年6月下旬発売、LUXMAN 
コンパクト USB D/A コンバーター
 『 DA-150 』 絶賛販売中です。

 ラックスマンはこの度、最新のデジタルフォーマットに対応したUSB入力とパワフルなヘッドフォン出力を装備した、D/Aコンバーターの最新モデルDA- 150をリリースいたします。
DA-150は、2011年に発売された DA-100のコンセプトを受け継ぎ、多くの音楽ファンがPCオーディオの魅力を体験できるよう、コンパクトな筐体と本格的なヘッドフォンアンプを内蔵し たD/Aコンバーターとして、ハイレゾリューション音源が豊富に入手可能となった現代にマッチングする性能と機能を追求したフルモデルチェンジ製品です。
 
デ ジタル回路をはじめとする主な仕様は、昨年発売された上位機種DA-250から踏襲し、
USB入力におけるPCM192kHz/32bit、 DSD5.64MHzフォーマットへの対応や、ディスクリート・ドライバーを搭載して駆動力を大幅に向上したヘッドフォンアンプ回路とヘッドフォン音量を 制御する電子制御アッテネーターLECUAの採用など、コンパクトな設置空間にハイグレードなPCオーディオ環境を完結させたい多くのオーディオユーザー にお勧めできるスペックを満載しました。
 
DA-100の発売以来、ハイレゾに対応する音源 (ソース) 機器は、パソコンだけでなく、オーディオ専用NASや、ポータブルプレーヤー、スマートフォンなど、あらゆるコンポーネントへと拡大が続いています。 DA-150は、さまざまなデジタル信号を、煩雑な設定を必要とせず高品位にアナログ変換するデジタルガジェットとして、オーディオラックの中だけでな く、リビングやデスクトップなど、
音楽ファンの手元で手軽に活用していただきたい高性能なD/Aコンバーターです。



■デジタル回路 USB入力は、最大192kHz/32bitのPCMデータと、DSDデータ (2.82M、5.64MHz) に対応。S/PDIF入力は、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応。

USBのほかに、CDプレーヤーやAV機器のデジタル出力を接続できるデジタル入力 (同軸1系統、光1系統) を用意。

DACチップには、32bitデジタルフィルター内蔵のTI社製PCM1795を採用 (内部にて352.8k/384kHz/32bitにアップコンバート) 。

PCMとDSDのそれぞれに、2種類の音色を切り替えて楽しめるフィルター設定を用意 (PCMは32bitデジタルフィルター、DSDはアナログFIRフィルター) 。

発振周波数付近のノイズを低減し、高精度・低ジッターのクロックを発生する、低位相雑音クロックモジュールを44.1k/48kHz系列のそれぞれに独立搭載。

USB入力はアシンクロナス通信により、S/PDIFは内蔵するDAIR PCM9211の高精度PLLによりクロックを低ジッター化。


■アナログ回路 電子制御音量調節アッテネーターLECUAをヘッドフォン出力回路に搭載し、小音量時のレベル偏差を廃した高精度の音量操作が可能。

ヘッドフォン出力には、上位機種DA-250と同等のディスクリートバッファーを搭載したハイパワーな高音質アンプ回路を採用。

ACアダプター等を使用せず、内部に専用の電源トランスを搭載する音質最優先の設計(電源はフロントパネルでON/OFF可能)。

電源トランスから各回路独立のレギュレーター+大容量ブロックコンデンサーを経由する、高慣性(ハイイナーシャ)の電源環境を構築。


■その他 オーディオラックだけでなく、PCサイドやリビングにも設置しやすいB5 サイズのフットプリントを実現したコンパクトな筐体。

大型のプラグを装着した高性能なラインケーブルにも対応する、18mmピッチ金メッキ仕上げのRCA端子を装着。

精緻なブラスターホワイトの仕上げに映える、視認性に優れたディマー機能付き各種モード表示用の3 桁7 セグメントLEDディスプレイを装備。

FLAC/ALAC/WAV/AIFFなど、さまざまなフォーマットに対応したオリジナルの高音質音楽再生ソフト LUXMAN Audio Player を用意。
※ 再生ソフト (Windows 10/Mac OS X v10.10 対応) 、および Windows用ドライバーソフトは、弊社ホームページからダウンロードしてご使用いただけます。


2015年10月9日金曜日

【DENON】 クラスDアンプテクノロジー搭載 Hi-Fiネットワークレシーバー発売!

人気の「PMA-50」より幅が若干長い280mm
マランツ M-CR611 とほぼ同じくらい。

  • DSD、ハイレゾ音源対応ネットワークオーディオ機能
  • AirPlay、インターネットラジオに対応
  • Bluetooth & NFCペアリング対応
  • iPod / iPhone、USBメモリー対応USB-A入力

  • と至れり尽くせりのデジタルアンプです。

    CDを使用しない方にはもってこいではないでしょうか。

     デジタル入力もありますので、テレビの音質アップにも活用できちゃいます。
    (※最近の液晶テレビはHDMI端子しか無い仕様もありますのでご確認を)

    オーディオスクェアWEB販売ページはこちら

    2015年7月7日火曜日

    B&W ヘッドホンにもワイヤレスが登場

    B&W P5 ヘッドフォンのワイヤレス版が登場しました。


    aptX Bluetooth搭載P5ワイヤレスは「音質かつ利便性」という新しい基準を作り出しました。

    対応機器の多さ、17時間のバッテリー持ち時間、そしてP5のドライバーと素材が揃った
    ワイヤレスHi-Fiヘッドフォンです。

    iPhoneでもAndroidでも、両コーデックに対応です。

     http://online.nojima.co.jp/commodity/2/P5Wireless/

    2015年3月24日火曜日

    『LUXMAN・プレミアム延長保証制度』開始のアナウンスがされました。最長で保証期間が7年になります。


    2015年6月15日(月)より『LUXMAN・プレミアム延長保証制度』が開始される事になりました。

    現在LUXMANの製品は、
    通常2年のメーカー保証(登録制)が付けられています。
    こちらに6月15日以降、製品にあわせて、
    更に5年もしくは1年保証期間が延長されるシステムです。

    この制度が適用されるのは、LUXMANのホームページにある、
    『ラックスマン正規取扱店』に登録されている店舗でご購入の製品のみとなります


    現在の2年に、プラス5年の計7年の長期保証が付けられるのが、
    プリメインアンプ、コントロールアンプ、パワーアンプ、D/Aコンバーター。
      ※『L-509fSE』など、現保証期間が5年間の製品は、2年延長の7年となります。

    プラス1年の、計3年の保証となるのが、
    真空管アンプ、CD/SACDプレーヤー、アナログプレーヤーとなります。
      ※真空管など消耗品は1年となります。


    6月15日以降は、出荷される製品に『延長保証登録申請書』が同梱されていますので、
    こちらに正規登録店にての購入を証明する書類(領収書、レシートの複写等)を添えて、
    郵送して頂きますと、無償保証期間を記載した『クラブ・ラックスマン』カードが送られてきます。

    現在、すでに保証登録をなさっている皆様の製品は、
    保証書にあたる『クラブ・ラックスマン』カードをご提示いただければ、
    『プレミアム延長保証制度』の対象となるそうです(ご購入日から7年、もしくは3年)。

    オーディオスクェアは全店『ラックスマン正規取扱店』として登録されていますので、
    今後とも、ご安心してLUXMAN製品のご購入をしていただけます。

    http://www.luxman.co.jp/dealer/


    また6月15日までに、弊社にてLUXMAN製品をご購入いただいたお客様は、
    現在行われている、保証登録申請を行っていただければ、
    自動的に延長保証を受けられますのでご安心ください。


    ただし、すでに通常の保証期間(2年)を過ぎ、有償修理を行った方への、
    修理代金等の返金は行わないとの事ですので、ご了承ください。


    『LUXMAN・プレミアム延長保証制度』に関しましても、ご相談承ります。




    2015年2月18日水曜日

    A/Dコンバーター があればアナログレコードをデジタルに

    A/Dコンバーター (アナログ⇒デジタル)

    があればアナログレコードをデジタルにできるのにと

    思われる方、多いと思われます。

    ONKYOのWAVIO製品(SE-U55SX2等)が有名ですが、どうも生産完了品の模様。

    パソコン周辺機器メーカーですと、I/Oデータさんの「AD-USB」は最安かも。

    CREATIVEのサウンドブラスターなら「SB-DM-PHDR2」フォノイコ内蔵でおすすめ。

    手軽にパソコンのAUDIOINからデジタルへ変換という手もありますが、

    パソコンのオーディオボード次第だし。

    USB出力付きのレコードプレーヤーを購入するのが一番早いかもしれません。

    アナログレコードをデジタル化できるレコードプレーヤー


    折角なので、オーディオブランドでA/Dコンバーターをご紹介。



    FURUTECHのADLブランド、「GT40a」

    24bit/192kHzのUSB DAC、そしてLPなどのアナログ音源を24bit/192kHzでデジタルアーカイブ化できるADC搭載。
    ヘッドホンアンプとしても使えるコンパクト多機能製品です。




     レコードプレーヤーブランド、トーレンスの「MM008ADC」

    MM/MCフォノイコライザーですが、USB出力を装備してます。


    さらに極める製品としてご紹介したいのがこちら

     
     PSAudioのその名も「NuWave Phono Converter」

    こちらの製品は、phono プリアンプとしての最新の音質テクノロジーとアナログ信号のDSD/PCM への変換、というこれまでなかったコンセプトをあわせもった、カテゴリーの枠にとらわれない画期的なハイエンドオーディオ製品です。

    デジタル信号の出力は、DSD 5.6/2.8, PCM192-44/24-16 まで設定を変更することが出来ます。

    アナログもデジタルも本格的にやる方に最適な製品です。


    音の良さを追求するならぜひオーディオブランドで検討してみてください。

    2014年12月26日金曜日

    Technics(テクニクス)復活。オーディオスクェア全店で取り扱い決定。事前登録キャンペーン開始。

    今年の9月4日に発表された、Technics(テクニクス)の復活。
    9月29日には、『リファレンスシステム』と『プレミアムシステム』の、
    2つの製品群の展開が発表されました。

    10月17日~19日に開催された『音展2014』で、一般ユーザーにお披露目。


    と、着実に発売に向けて進んできました。


    そして今月、来年2015年2月の発売開始時に取り扱う店舗(全国10法人)が決定しました。

    オーディオスクェアも、全5店舗での取り扱いが決定しました。

    また、購入前に登録していただき、登録後にご購入いただいたオーナー様向けの、
    『テクニクス予約購入キャンペーン』が開始されました。


    このキャンペーンは、2ステップで参加します。

    まず『STEP 1』。事前登録の『予約宣言期間』。
    2014年12月12日(金)~2015年2月28日(土)の間に、
    まずはPanasonicのホームページで『CLUB Panasonic』への会員登録を行います。
    そして、購入意思がある事を『宣言』していただきます。

    そして『STEP 2』。ご購入後の『ご愛用者登録&キャンペーン応募』。
    こちらは、2015年3月1日~5月31日まで。


    キャンペーンにご参加&ご購入いただいた方には、
    TechnicsオリジナルUSBメモリ(8GB)と、
    『e-onkyo music』で使用できる5,000円相当のポイントがプレゼントされます。


    キャンペーン対象製品は、


    リファレンスシステム『R1 Series』の、
    ネットワークオーディオプレーヤー内蔵プリアンプ『SU-R1』、
    ステレオパワーアンプ『SE-R1』、スピーカー『SB-R1』。


    プレミアムシステム『C700 Series』の、
    プリメインアンプ『SU-C700』、ネットワークオーディオプレーヤー『ST-C700』、
    スピーカー『SB-C700』と、3月発売予定のCDプレーヤー『SL-C700』。

    計7モデルとなっています。


    Technics製品は、全て受注生産となります。


    キャンペーンの詳しい内容は、Panasonicのキャンペーン特設ページをご覧ください↓
    http://jp.technics.com/campaign_01/


    Technicsの専用ページはこちら↓
    http://jp.technics.com/


    キャンペーンのご案内チラシと、Technicsのカタログも店頭に届いております。
    ご興味のある方は、是非一度店頭までご来店ください。